ベッドの解体に困ったら不用品回収の業者に任せるのが無難です

不用品回収でよく出くわすものにベッドの解体が挙げられます。 長さ2m程あるベッドのフレームは解体しないと部屋からの搬出は難しいです。 無理やり出そうとすれば壁や床に傷をつけてしまうリスクが大きいです! ベッドと一言で言っても種類はたくさんあり、特殊な道具を使わないと解体できないものもあります。

そういった場合はベッドの解体に慣れている不用品回収業者に任せるのが無難でしょう! また、自分で解体するにしても床などに傷を付けないよう気を付けてください。

ベッドジョイント

部屋からの搬出が困難なもの

マットレス、脚付き一体型ベッド、折り畳みベッドなどの不用品は解体する必要はありません。 困難なものとしては2段ベッド・木や鉄パイプで組み立てられたたフレームです。 商品を購入後、部屋で組み立てたものは大概その場で解体しないと出入り口を通りません。

中には一般家庭にあるドライバーで簡単に解体出来る物もありますが、六角棒レンチが必要だったり 同じドライバーでもサイズの大きなものでないと合わないものなどがあります。 特に鉄パイプで組み立てられた2段ベッドともなると手作業ではとてもしんどい思いをしてしまいます。

重宝するインパクトドライバー

不用品回収業者はたいがい「インパクトドライバー」を所有しています。 コードレスタイプの電動式のもので振動を加えながらネジを回すため、きつく締められたネジも難なく取り外せます!

また、先端部分の部品を変えるだけで様々な大きさや種類のネジに対応可能でとても便利な道具です! ベッドの解体にはとても重宝する優れものです! 少し高価な工具で東京のホームセンターなどでも1~5万円くらいで販売されています。

ベッドフレーム

追加料金の有無

不用品回収を依頼する際に解体が必要なベッドがある場合は、後でトラブルにならないよう 追加料金がかかるかどうか前もって聞いておいた方が良いでしょう! ベッドの種類によっては電動工具では対応できない狭い空間にネジがついているものもあります。

その場合は業者でも手作業となるりますので「追加料金がかかるならやめた」ではなく他のサービスや 怪我の恐れなども考慮し、トータル的に見て決断することをおすすめします。

東京板橋区にあるマテリアルワールドは積み放題プランのサービスとして、ベッドフレームの解体を無料で行っています。

引越し業者が嫌うベッドの運送

引越しの際にベッドを新居に持って行く場合がありますが組み立て式のものは厄介がられます。 IKEAやニトリなどで販売しているベッドは安く手に入りやすい反面、分解して別の場所に運ぶ設計にはなっていません。

どうしても新居へ持っていきたい場合は完成時の写真をとり、特に結合部分は様々な角度から撮影してから 分解しましょう。 必要以上に解体はせず部屋から搬出できるくらいまでに留めておくことをおすすめします。 ネジやボルトなどはわかりやすいよう一か所にまとめ早い段階で再度組み立てるのがよいでしょう

不用品回収トップページ

ページの先頭へ